そもそも乳酸菌は何を生成している菌類なのか

そもそも乳酸菌は何を生成している菌類なのか


乳酸菌と聞くと、体に非常に良い菌類とのイメージをお持ちの方の多いと思います。実際その通りで、その菌類によってお通じが改善される事も非常に多いのです。頑固な便秘が、乳酸菌によって解消される事もしばしばあります。

 

炭水化物から乳酸を作ってくれる善玉菌


ところでその菌類には、もちろん「乳酸」という名前が付いていますね。実はその物質が、その菌類の特徴の1つなのです。
そもそも乳酸菌にはどのような働きがあるかと申しますと、乳酸という物質を作ってくれる点なのですね。それを他の菌類に比べると、かなり多くの乳酸を作ってくれるのが特徴的です。

 

その菌類が乳酸を生成する為には、まず炭水化物が大きなポイントになってきます。炭水化物というのは、いわゆる白米やパスタなどですね。主食と呼ばれるものに多く含まれている栄養素ですが、乳酸菌にはそれを分解する性質があります。分解されると何が作られるかと申しますと、それが前述の乳酸になるのです。

 

そして自然界には、乳酸菌以外にも沢山の細菌類が見られます。人間に対してポジティブな働きを生み出す菌類もあれば、その逆の菌類など様々なのですね。乳酸菌には、いわゆる前者のタイプの菌類という事になります。
思えば私たちは、たまにテレビにて善玉菌や悪玉菌などの話を聞きますね。前者が悪玉菌で、後者は善玉菌になる訳ですが、乳酸菌は後者のタイプになります。しかもその菌類の種類が、また非常に多いのです。乳酸菌1つとっても、数十種類ほどあります。

 

その多くの細菌類の中には、乳酸を作ってくれるタイプもあるのですが、それには生成量の差があるのです。乳酸を多く生成する菌類をあれば、そうでない菌類など様々なのですね。つまり乳酸菌が、前者のようなタイプの菌類という事になります。

 

そして前述のように炭水化物から乳酸が作られる事になる訳ですから、少なくとも私達としては炭水化物などは摂取する事が必要になるでしょう。炭水化物と聞くと、ちょっと肥満が心配との意見も見られます。実際炭水化物を多く摂取すれば、体脂肪率が変化するケースも珍しくないからです。しかし実際にはその栄養分から乳酸が生成される訳ですから、やはり私たちにとっては炭水化物は必要不可欠な栄養素の1つだと考えられるでしょう。
ただ炭水化物から乳酸が生成されるとは言っても、やはり過剰摂取は禁物です。何事もほどほどが肝心なのですが、炭水化物もその1つという事になります。適量を摂取してあげれば、乳酸菌も活躍しやすくなるのではないでしょうか。